CxO(経営幹部)
求人情報

Job Information

CxOとは?

CXO(Chief x Officer)のCは「Chief=組織の責任者」、Oは「Officer=執行役」を意味し、Xはそれぞれの役割・業務の頭文字となっています。経営視点と高度な専門性を持ち、各機能・組織の責任者として部門を率いる役割を担います。
会社の要となる重要ポジションですので、サイトで公開できない非公開求人も多数ございます。
ご興味をお持ちの方はこちらからエントリーをお願いします。

多種多様なCxO

代表例
CEO(Chief Executive Officer、最高経営責任者)
 / COO(Chief Operating Officer、最高執行責任者)
CFO(Chief Financial Officer、最高財務責任者)
 / CHRO(Chief Human Resource Officer、最高人事責任者)
CTO(Chief Technical Officer、最高技術責任者)

上記以外では、CIO(Infomation(情報)、Investor(投資)、CMO(Marketing)、CDO(Degital、Data、Designing)、CPO(Product)、CAO(Administrator)、CLO(Leagal)、CCO(Costomer)等が一般的なものとして挙げられますし、企業独自のCxOもあります。ビジネスの変化とともに、これからも新しいCxOが増えていく事になるでしょう。

CxO(経営幹部)求人の変化と転職市場

大企業では経営と執行を分離する傾向が強まり、執行役員を置く企業が増えました。
ベンチャー、スタートアップでも事業や組織が大きくなるにつれて、高度な専門性を持つ人材の採用ニーズが高まり、CxOの求人は増加傾向です。

また、ファンドに資金が流入することにより、PE(プライベートエクイティファンド)やVC(ベンチャーキャピタル)の数が増加。その先の投資先企業も増え、投資先の企業価値を高めるためのCxOを採用するニーズも高まっています。

CxOに求められる経験

当然のことながら、CxOはXの部分の高い専門性が求められます(CEO、COOは除く)。

また最近では、高い専門性だけではなく、経営視点がより重視される傾向があります。経営者と同じ視点、視座を持ち、経営業務を担えるかどうかがカギになってきますので、これからCxOを目指す方は経営に近い立ち位置での実践経験をより多く積み重ねていく事が重要です。

年収について

年収レンジは、会社の規模や成長ステージによって大きく異なります。

大企業であれば、3000万~5000万円程度(ただし、会社によっては1億を超えるケースもあります)。IPO後のベンチャー・成長企業であれば、1500万~2500万円程度。スタートアップであれば1000万~1500万円程度(ただし、資金調達後でキャッシュが潤沢な企業では、1500万円~2000万円程度になることもあります)。

CxO専門チーム

企業の経営層との独自のネットワークを持つ経験豊富なコンサルタント7名が、難度の高いCxOクラスの転職をチームでご支援いたします。

いつかは転職をお考えの方に 中長期でのキャリア構築をさせていただきます 相談する
いますぐ転職をお考えの方に ご希望の時期に合わせて転職支援をさせていただきます 相談する

無料で転職相談/在宅で相談OK!リモート面談好評実施中