K&C KREIS & Company Inc.

株式会社クライス&カンパニー

〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1
サンマリーノ汐留2F

QUALITY ALLIANCE 私たちは人材紹介業界の品質向上に努めています。QUALITY ALLIANCE 加盟

K&C KREIS & Company Inc.

株式会社クライス&カンパニー

〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1
サンマリーノ汐留2F

QUALITY ALLIANCE 私たちは人材紹介業界の品質向上に努めています。QUALITY ALLIANCE 加盟

Vol.83 株式会社ミスミ

株式会社ミスミ

1963年の創業以来、「縁の下の力持ち」的な存在として、独自の事業モデルで世界の機械産業を支えてきた。2010年度連結売上高は、1,212億円と金融危機以前とほぼ同水準まで急回復。成長の牽引役は国際事業で、その規模はここ9年間で7倍超に拡大、海外売上高比率も27.3%と過去最高を更新。更なる飛躍に向け、グローバル市場で果敢に挑戦し続ける。

200万アイテム以上の機械部品を、カタログ・WEB受注システムにて販売し、世界13万社以上のお客様に、1個から短納期でお届けしている。2005年には駿河精機を統合、ファブレスメーカーとしての業態にメーカー機能を加えるなど、“多品種少量+短納期”という独自の事業モデルを進化させている。また、ミスミ組織モデルにも特徴があり、「創って(開発)、作って(生産)、売る(販売)」という機能を各組織が一気通貫して担う体制をとっている。加えて、経営陣による経営リテラシー研修を設けるなど、経営リーダーの育成に積極的に取り組んでいる。現在、海外の事業展開へ積極的に取り組む同社の中川理恵事業部長に求める人材について話をうかがった。

【インタビュアー】キャリアコンサルタント 奈良 元生

頭と体、両方を動かし事業を創造していく力

奈良

御社が求める人材像を教えて下さい。

中川

ミスミはユニークな事業モデルで、大きく成長してきました。しかし、その成長を支えていくためには、今後もお客さまの現場で何か起きているのかを把握できる現場感の強さと、問題が発生すれば自らその場に出向き、解決する能力のある人材が必要です。更には、事業モデルの強さに安住せず、自分で新しいものを作り上げていく創造力も必要です。今後ミスミは、世界市場で戦っていく局面にあります。そのため初めて直面する課題や、ビジネスを作り上げていく機会がたくさんあるでしょう。そういった時に、戦略的かつロジカルに物事を考え、同時に自ら現場で走り回れる、頭と体の両方を動かせる人材が一層重要になってくると考えます。

奈良

創造力とは、御社のビジネスモデルの枠内で新しい工夫を行うといったことですか。

中川

はい。たとえば、我々が手がけているのは通販で、世界13万社のお客様に日々何らかの商品をお届けしています。その基盤の上に何か新しくお買い求めいただける商品やサービスを我々は常に考えています。

失敗をしたとき、即座に軌道修正できるかどうか

奈良

面接で必ず聞く質問はありますか。

中川

二つあります。一つはその方がこれまでに経験した失敗について。「やっちゃったな……」という経験とそこから何を反省し学び、どうリカバーしていったのかについて聞いています。もちろん同じ失敗を何度も繰り返すのはだめですが、失敗したときは即座に軌道修正できることが重要ですので、そういう意識があるかどうかを見ています。もう一つは、5年後にどのような目標を持っているかです。これは年齢にもよりますが、転職活動されている方はいまの自分や業務に何らかの問題意識を感じて次の会社を探していると思いますので、具体的にそれが何かを聞くようにしています。

奈良

「5年後の目標」の内容は重要ですか。

中川

内容というよりも考え方を重視しています。

自らの手で、強い事業を構築する

奈良

ミスミで働く魅力はどこにありますか。

中川

事業チームのメンバーやディレクターは、各組織で“創って・作って・売る”を一気通貫して担います。メンバーは各担当商品の一連の業務のすべてを手掛け、ディレクターは統括責任者として担当商品事業の損益責任をもちます。こうして1人ひとりに大きな載量と権限が与えられるので、責任とやりがいを持って仕事ができる点が一番の魅力だと思います。さらにここ数年は日本市場だけではなく、海外市場にも活躍の場が広がっています。入社間もない社員も頻繁に海外に行き、お客様へのヒアリングや、協力メーカーの選定等を行っています。グローバルな視点をもち、自らの手で強い事業を構築していける環境があります。

奈良

1人で大きな裁量を持つからこそ、ハードワークになる印象がありますが、実際はいかがでしょうか。

中川

私たちの仕事は機能別組織のなかで「これだけやっていればいい」というものではなく、先ほど申し上げたように一気通貫で取り組むことに特徴があり、そこに仕事の魅力とやりがいがあります。それだけの裁量があるからこそ、意思があればタスクは多くなります。そのため、自身でタスクを管理しマネジメントする力も必要ですが、一方チームみんなで助け合う体制も整っています。社員の予定表に、飲み会や自己啓発の予定が入っていることも珍しくありません。各々調整して、ONとOFFの時間を作っているようです。

奈良

ミスミに興味をもたれている方、持って欲しいと思っている方に、メッセージをお願いします。

中川

ミスミは今、世界で戦っていくために「一個から、短納期でお届けする」という独自の事業モデルを、各国で強化しています。そのために、戦略的かつロジカルに物事を考え、同時に自ら現場を走り回る、そうして、ミスミの次なるステージを一緒に作っていける人のご応募を、お待ちしています。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

面接官の本音最新号のメルマガを受け取る

バックナンバー

プレエントリー いつかは転職をお考えの方に 中長期でのキャリア構築をさせていただきます エントリー いますぐ転職をお考えの方に ご希望の時期に合わせて転職支援をさせていただきます