ベンチャー 採用動向レポート 2018年10月

2018年10月にかけての、採用動向をまとめたレポートです。

2018年上半期におけるベンチャー・スタートアップの資金調達は1732億円にのぼりました。下半期併せて昨年を上回る4000億円近い水準での着地が予想されています。また1社あたりの調達の大型化は2013年から継続し、2018年上半期もその傾向は続いており、特に事業会社の大型投資が目立ちます。EXITとして大いに話題となったメルカリのIPOをきっかけに、6月に閣議決定された政府の「未来投資戦略2018」では、「企業価値又は時価総額が10億ドル以上となるユニコーン又は上場ベンチャー企業を2023年までに20社創出」するという新たな目標が設定され、それを達成すべく経済産業省のベンチャー支援プログラム「J-Startup」もスタート。ベンチャー界隈に大きなうねりの予感を感じさせています。

業種的には、FinTech、ブロックチェーン、AIといったテック関連ビジネスが依然強く、その他、ロボット、ドローン、バイオなどリアルテック領域で事業展開をする多様なベンチャーが目立ちます。

このようなベンチャーを取り巻く状況として引き続き活発なのが、大企業の「オープンイノベーション」の動きです。大企業では高い技術力や優秀な人材は抱えつつも、様々なしがらみによってスピード感をもってイノベーティブな新事業を立ち上げていくことに困難があり、その部分をベンチャーとのアライアンスによって実現する動きはもはや一般的となっています。

このような状況を背景に、ベンチャーでは大企業の新規事業部門と伍することが出来る高いビジネススキルと知見をもった事業開発担当の採用ニーズが依然高い様相を呈しています。

もはやベンチャー=小さな事業という構図は必ずしも正しくはなく、大企業では為しえない社会課題のイノベーティブな解決をスピード感と裁量をもって実現できるフィールドとして一定の立場を得てきているといえます。不確実性の高い環境に対して、腕まくりをして飛び込める覚悟が出来る方には現在のベンチャーはチャンス溢れる選択肢となってきています。

このレポートを書いたコンサルタント
コンサルタント
コンサルタント

同じカテゴリーのバックナンバー

採用動向レポート
カテゴリー

Career up column category

選択してください

  • 弊社主催のセミナー&交流会 クライス汐留アカデミー
  • プロフェッショナルのターニングポイント 株式会社ムスカ 流郷綾乃氏
  • トップエンジニアたちが拓く道 エンジニアのキャリアについて共に考える メドピア株式会社 執行役員 CTO 福村 彰展氏
  • メールマガジン 配信登録 Mail Magazine「面接官の本音」「キャリアアップコラム」などの記事の最新号をメールマガジンにてお届けします
プレエントリー いつかは転職をお考えの方に 中長期でのキャリア構築をさせていただきます 相談する
エントリー いますぐ転職をお考えの方に ご希望の時期に合わせて転職支援をさせていただきます 相談する

30秒で完了 エントリー