面接官の本音 vol.77 スパイシーソフト株式会社

スパイシーソフト株式会社

スパイシーソフトは個人クリエイターが作成したコンテンツを世界中に配信し、誰でもクリエイターとして活躍できるプラットフォームを提供している会社である。同社が運営するケータイゲームのポータルサイト「アプリ★ゲット」のユーザー数は約250万人、ケータイマンガポータルサイト「マンガ★ゲット」は60万人にも上る。さらに登録クリエイター数は前者が5000人、後者が2000人以上を誇り、その中から累計1000万ダウンロードを超える「チャリ走」などの人気コンテンツが次々に生み出されてきた。現在、両ポータルサイトの統合やスマートフォンへの対応など新たな展開に伴い、多くの職種で採用活動を行っている同社人材開発部の小梨明人部長に話を聞いた。

スパイシーソフト株式会社 人材開発部 部長 小梨明人氏

Contents

スパイシーソフト求人情報非公開のためエントリーして確認する

ケータイゲームやマンガの人気プラットフォームを展開

Q

スパイシーソフトはもともとソフトウェア開発の会社だったそうですね。現在のようなビジネスをはじめるきっかけは何だったのでしょうか。

小梨

NTTドコモのiモードにコンテンツプロバイダーとして参画したいと考えたところ、当時は残念ながらNGになりました。だったらiモードを超えるプラットフォームを自分たちでつくってしまおう、誰でもコンテンツを投稿できるサイトをつくろう。そう考えて2001年に「アプリ★ゲット」を立ち上げました。今後はさらに世界中のクリエイターがコンテンツを投稿でき、世界中からテールコンテンツが集まってくるマルチ言語、マルチプラットフォームに対応したコンテンツ・ディストリビューション・プラットフォームに発展させていこうと考えています。

Q

今期はどのような取り組みを行っていますか。

小梨

いま取り組んでいるのは、iPhoneやiPad向けマンガビューワーの開発です。これを世界に向けて無料で配布してコンテンツを配信し、個別課金で販売できるようにしていきます。また、ソーシャルゲームについてもクリエイターが作成したコンテンツをスパイシーソフトらしくうまくプロデュースし、各プラットフォームに配信することを今期の軸として取り組んでいます。

Q

いま必要としている人材について教えて下さい。

小梨

従来、当社では基本的に新卒採用だけでしたが、業容の拡大にともなって昨年から幹部採用をはじめました。しかしまだ充足してはおらず当面は部門長が一人欲しい。あと、幹部社員が充実してきたので、次に現場の社員との間をつなぐ人材が必要だと考えています。たとえばソーシャルゲームを制作しているチームでは、ディレクターもエンジニアもぜひ採用したい。また、プラットフォーム事業を担当するエンジニアは日本でもトップ層のエンジニアを常に探し求めています。その他にも多くのポジションで募集を行っています。

Q

どんな資質の持ち主を求めていますか。

小梨

これには2つあって、一つはそれぞれの分野で自分が一番になることを目指している人。人事なら日本一の人事マン、プログラマーならある分野を自分がリードするというように、高いプロ意識を持っているかどうか。もう一つは、その人の持っている夢や社会的な使命感がスパイシーソフトの目指す方向と一致しているか、あるいは会社の想いに共感できるかどうかを重視しています。

「挑戦」と「安心感」の二軸で働きがいのある会社に

Q

実際に採用された方の傾向はいかがですか。

小梨

振り返ってみると、素直な人が多いですね。みんな、自分の仕事に対するこだわりはメチャクチャあるんですよ。ただ、自分が間違っていると思ったら考え方ややり方を即座に修正できるんです。その意味では変化を楽しめる人たち、とも言えます。一方、当社では社員に対し「挑戦」と「安心感」という二軸を打ち出そうとしています。挑戦とは、私たちはベンチャー企業であり、自らマーケットの開拓者として新しいサービスをつくっていくことを指しています。もう一つの安心感とは、既婚者が多いので家族を大切にできる制度を用意したり、福利厚生を充実させたりすることで、安心して働けるようにすることです。

Q

中小企業やベンチャー企業は働く環境の整備が手薄になりがちですが、そこをきちんとケアして、安心して挑戦できるようにしているわけですね。

小梨

「社員が一生働きたいと思える会社にしたい」という社長の思いが根底にあって、人事部門ではそれを具体的な施策として整備しています。賞与は営業利益の19%を分配し、残業代は全額お支払いするのは当然として、年間120時間分を先にお支払いしています。もちろんこれは残業の奨励ではなく、会社としては36協定を遵守して残業時間を年間360時間以内に抑えており、できれば残業をゼロにしたい。つまり、早く帰ればその分得になる、ということです。他にも家族の誕生日を有給休暇にしたり、一定期間働いたら一ヶ月丸々休めたり、ツイッターを通じて社長が即決する「つぶやき決済」ができたりと、様々なユニークな制度があります。

Q

面接で必ず聞く質問はありますか。

小梨

ご自身の強み弱みと将来の夢、スパイシーソフトでやりたいことですね。そして、やりたいことの目的は何か。自分が好きだからか、それとも社会的使命感なのか。こうしたやり取りの中で見ているのは、成功体験の有無や人間力です。私は欲しい人材像として「モテル人」とよく言っているのですが、要は他人を巻き込む力や発想力、相手の話を聞く能力といったもてる要素を見ています。あとは信念のある人が好きです。自分なりのこだわりや価値観を持っている人がいいですね。ただ、エンジニアの方はそれを見抜くのが難しい。

Q

御社に興味のある人たちにメッセージをお願いします。

小梨

私たちはまだまだ何もできていないベンチャー企業ですが、数多くの個人クリエイターとコンテンツという世界に通用する資産を持っています。これをもとに、スパイシーソフトを世界へ飛躍する企業にしていきたい人に来ていただきたいと思います。自分で動ける環境はあります。ぜひ一緒に挑戦しましょう。

インタビュアー / クライス&カンパニー

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

バックナンバー

面接官の本音
カテゴリー

Interviewer's Mind category

  • 弊社主催のセミナー&交流会 クライス汐留アカデミー
  • プロフェッショナルのターニングポイント 株式会社ムスカ 流郷綾乃氏
  • トップエンジニアたちが拓く道 エンジニアのキャリアについて共に考える メドピア株式会社 執行役員 CTO 福村 彰展氏
  • メールマガジン 配信登録 Mail Magazine「面接官の本音」「キャリアアップコラム」などの記事の最新号をメールマガジンにてお届けします
プレエントリー いつかは転職をお考えの方に 中長期でのキャリア構築をさせていただきます 相談する
エントリー いますぐ転職をお考えの方に ご希望の時期に合わせて転職支援をさせていただきます 相談する

30秒で完了 エントリー