PMカンファレンス2021 
LinkedIn・曽根原氏の当日未公開セッション公開中詳しくはこちら

PERFORMANCE

CASE 029 / 久保氏(30代後半)

中小企業支援のプロダクトマネージャーに転職決定

前職
CX向上のプロダクトを持つ会社でのプロダクトマネージャー

どのような経験をお持ちの方か

プログラミングや新規事業開発、アライアンス営業やWebディレクターなど複数社で幅広い経験をしている。前職では複数プロダクトをまたいでのプロダクトマネージャー。一部売り方、面の広め方を考えるプロダクトマーケティングマネージャーのような動き方もしている。

どのような強みをお持ちの方か

幅広い経験から、業務範囲を広く持ち、プロダクトチームに足りないものを自分で埋めに行くことが出来る。

どのような志向をお持ちの方か

顧客の声に逐一反応することも大切だがそれだけではなく、中長期の戦略でプロダクトのあるべき姿などを議論しながらプロダクトドリブンな組織で成長していきたい。

決定企業名

中小企業支援のプロダクトを持つSaaSプロダクト企業

職種

プロダクトマネージャー

どのようなミッションか?

中長期的な戦略の立案から、プロダクトの方向性を決めていく。プロダクトのあるべき姿の定義からやるべきこと/やらないことの選定、エンジニアや営業とのコミュニケーション、各機能を横断した方向性の決定。

OTHER

一覧に戻る

CLOSE