工藤 直亮 | 自社採用情報 | クライス&カンパニー
工藤 直亮
キャリアコンサルタント 工藤 直亮
工藤 直亮工藤 直亮

短期的な仕事探しのお手伝いではなく、生涯のキャリア(生き方)を共に考え、長期的なお付き合いをしていきたい

入社 2012年
前職 人材採用コンサルティング企業 人事コンサルタント

前職までの経歴

大学卒業後、採用コンサルティング企業に入社し、約7年在籍していました。 主に東証一部上場企業を中心に、組織の課題を新卒採用という視点から解決することを目的としたコンサルティングサービスを担当していました。コンセプトメイキングから企画、設計、運用、教育面に至るまで、一貫して携わりました。その後、経営・事業に対し更に高い視点から関与したいという思いでクライス&カンパニーへ入社しました。

なぜクライスに転職したのですか?

会社として大事している価値観に共感したからです。数ある人材紹介会社の中で、志のある企業の成長に貢献する為に、クライアントにとって本当に価値のあるサービスを提供する姿勢がきちんと浸透している文化があると面接を通じて感じました。もちろん、経営・事業に対し更に高い視点から人財採用という方法で貢献するという仕事に就きたかったということはありました。
また中途採用の中でもマネージャーや部長、役員クラスの求人をお預かりする案件が多く、企業の事業戦略や経営に大きなインパクトを与えられる仕事が出来ることにも魅力を感じました。

仕事をする中で一番のやりがいは何ですか?

やりがいを感じるところは大きく分けて二つあります。
一つはクライアント企業の成長や発展に貢献している実感が得られる点です。
特にベンチャー企業の経営陣の方から事業の中核を担うポジションをお預かりし、ご支援ができた時、まさに一緒に企業の事業成長に関わっているという充実感を得られます。経営者の方、事業責任者の方からの「信頼」「期待」に応えられた時はとてもやりがいを感じます。
もう一つは候補者の方にインパクトのある関わりができた時です。候補者の方が当初考えていなかったような選択肢のご提案や、チャレンジを支援して、本当に納得のいくご決断に関われたという実感を得られた時がこの仕事の醍醐味だと感じています。

今までで一番うれしかったできごとは何ですか?

嬉しかった出来事はたくさんあるのですが、やはり一番は候補者の方から「工藤さんと出会って人生が変わった」という言葉をいただけたことだと思います。
面談の中でその方が大事にしている価値観や、今後叶えたい思いをしっかりとお聞きすることで、当初ご本人が想定していなかった可能性を提示することができ、相応しい企業とのご縁を創ることができた時にいただける言葉だと思っています。だからこそ、この瞬間は本当に嬉しいですし、日々のエネルギーの源泉になります。

今後の夢・目標を教えてください

長期的にキャリアを積み、経験が増えるほど、奥の深さを感じるのがこの仕事だと思っています。
日々候補者の方に対しても、企業に対してもまだまだできていないと感じることが多く、自分自身をレベルアップさせることが当分の目標です。その過程で、「工藤がいたから、ここまでこの事業が成長させることができた」と言ってくださる経営者の方と、「工藤がいたから、今の自分の人生がある」と言ってくださる候補者の方をたくさん作れるように努力していきたいと思っています。

応募者の皆さんへ一言

長期的にキャリアを積み、経験が増えるほど、奥の深さを感じるのがこの仕事だと思っています。
日々候補者の方に対しても、企業に対してもまだまだできていないと感じることが多く、自分自身をレベルアップさせることが当分の目標です。その過程で、「工藤がいたから、ここまでこの事業が成長させることができた」と言ってくださる経営者の方と、「工藤がいたから、今の自分の人生がある」と言ってくださる候補者の方をたくさん作れるように努力していきたいと思っています。