採用コラム

Column Vol. 68

意外に知られていない人材紹介会社の上手な使い方

人材を採用する手段の一つとして、私たちのような人材紹介会社の利用があります。
 
ただ、その使い方の巧拙で成果に大きな差が出てくることに気付いている会社は
意外に少ないと感じます。
 
そもそも紹介会社には何を期待すべきでしょうか。
それは基本的に、自分たちだけで採用活動をしていたら出会えない水準の人材と出会い、
採用に結び付けることです。
 
自社単独での採用活動では、現在の自社に合った水準の人が応募してきます。
それでは企業が今より成長するために必要な人材を採用できませんから、
自社の企業力を超える採用力を提供する紹介会社の活用が有効になるわけです。
 
ただし、それができる紹介会社はあまり多くありません。
 
前回、自社ホームページ内の採用ページを充実させるようお勧めしましたが、
自社の採用ページから採用できるような人しか連れてくることができない紹介会社を使っても、
手数料がもったいないだけでしょう。
 
ですから、これは当社の方針でもありますが、企業力を超える採用力の提供を
方針としているような紹介会社を選択すべきです。
 
本来なら自社に応募してこない水準の人を連れてきてもらうには、
紹介会社にしっかり自社について理解してもらう必要があります。
 
紹介会社がクライアントのビジョンや魅力と課題、採用したい人物像などについて
しっかり理解していなければ、候補者を口説くことができないからです。
 
それには紹介会社へのオーダーを丁寧に出し、最新の情報は素早く提供し、
最終的に自社のファンに育てていくことが大切です。
 
これをやるには相当な手間暇がかかりますから、やみくもにオーダーをだすより
企業力を超える採用力を提供している人材紹介会社を数社選び、
コントロールできる範囲でしっかりマネジメントしていくのが上手なやり方です。
 
大量採用を行う企業では紹介会社を一度に数十社集めて説明会を行い、
求人票を配ってよーいドンで採用を競わせるところがあります。
 
こうしたやり方はある程度の人材を大量に、できるだけ早く集めるにはよい方法かもしれません。
 
しかしマネージャークラス以上の採用方法としてはまったく向いていません。
 
また、大量採用への対応に力を入れている紹介会社の中に、
企業力を超えた人材を連れてきてくれる優秀な人材コンサルタントがいることもあります。
 
決して数は多くありませんが、そういうコンサルタントにオーダーするのもよいでしょう。
WP_Post Object
(
    [ID] => 1433
    [post_author] => 4
    [post_date] => 2016-08-01 06:33:00
    [post_date_gmt] => 2016-07-31 21:33:00
    [post_content] => 
人材獲得競争が激化するなか、「なかなかよい人が採れない」という嘆きの声を
聞くことが増えています。
 
しかし、いろいろな手を尽くしたつもりでも、案外その気になればすぐできるようなことが
手薄になっているケースも見かけます。
 
その典型的なものが「自社ホームページ内採用ページ」の不備です。
 
採用活動を行っているのに採用ページを用意していない会社があるのです。
これは非常にもったいないと思います。
 
以前、ある企業から「20代若手社員」のオーダーをいただいたときのことです。
当社が得意としているのはマネージャーや幹部社員クラスの人材のためどう対応すべきかと考え、
まずその会社のホームページを拝見したところ採用ページがありませんでした。
 
そこで「まずは自社ホームページ内に採用ページを作成してはどうか」と提案し、
実際にそうしていただいたところ、狙い通りの人材を採用することができました。
 
当社でも自社採用に力を入れていて、自社ホームページ内に採用ページを設けています。
採用ページから応募してくる人の数はそれほど多くはありませんが、
そのなかから採用する確率は非常に高いです。
 
やはり採用ページ経由で応募してくる人はしっかりホームページを読み込んで、
自社のことを深く理解している人の割合が多いと感じます。
 
そういう人は入社してから活躍する確率も高い。
もちろん機械的に履歴書を送りまくっているような人からの応募もありますが、
読めばすぐわかるので書類段階で落とせばよいだけのことです。
 
したがって、自社ホームページ内の採用ページは手を抜かず、
きちんと手間暇をかけてつくったほうがよいと思います。
 
ちなみに当社では、入社志望者向けのビデオを制作して採用ページに掲載しています。
 
ビデオといってもそれほど大げさなものではなく社内の雰囲気を伝える内容で、
社員たちが研修やミーティング、オフィスで仕事をしている姿などを
3分程度のビデオにまとめてあります。
 
どんな人たちがどんな雰囲気で働いているのかを伝えるには写真も大事ですが、
ビデオで実際に動いている姿を見せるとより一層その場の空気が伝わります。
それを見て良いと思った人は応募してくれるでしょう。
 
これだけ採用競争が激しいと何か有効な秘策はないかと探しがちですが、
まずはその前にやるべきこと、やれることを確実に実行しておくのが大切です。
[post_title] => 意外と見落とされがちな「採用ページ」の効果 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => 67 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2016-08-01 06:33:00 [post_modified_gmt] => 2016-07-31 21:33:00 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://www.kandc.com/kc-saiyo/column/67/ [menu_order] => 0 [post_type] => column [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw )
arrow 次の記事へ (Vol.69) arrow 一覧に戻る 前の記事へ (Vol.67) arrow