==|=============|

パブリシティ

当社サービスがメディアで紹介されました。

いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー
スカウト /アントレ臨時増刊 (05年10月号)

スカウト /アントレ臨時増刊 (05年10月号)

30代で可処分所得1000万円

可処分所得でベースで1000万円を手に入れたら・・・青山に住んで、車も買って、高級フレンチで恋人とワインをチーン・・・なんだかクラスの高い暮らしができそう。でもちょっと手が届きそうにないって?いやいや、若手ビジネスパーソンでもゲットできる方法はありそうです。年間で1000万円をゲットするノウハウ、あなたに代わっていろいろ考えてみました。

> 詳細はこちら

Bing No.21(05年5月18日号)【記事抜粋】

Bing No.21(05年5月18日号)【記事抜粋】

人事、ヘッドハンターが証言する「売れる」13職種
入社5~10年目 企業が熱望する人材

「私のキャリアは世の中で通用するのか」「市場価値はどれくらいなんだろう」そんな疑問を感じたことはないだろうか。今回、中途採用のプロの視点で様々な分野の13職種で売れる人材を検証してみた。

> 詳細はこちら

THE21 No.246(05年5月号)【記事抜粋】

THE21 No.246(05年5月号)【記事抜粋】

「バカな上司」に読ませたい本 「ニートな部下」に読ませる本
 ”上司と部下がうまくいかない” いまどきの理由

近年、「上司」と聞くと、何を思い浮かべるだろうか。おそらく「時代遅れ」「融通の利かない」「抽象論ばかりで具体論がない」といったネガティブな印象ばかりだろう。こういう上司は、昔から会社にいたのかもしれないが、最近はその傾向に拍車がかかっているようだ。実際、「バカな上司」の実態と処方箋を紹介した本が多数出版されるようになり、ベストセラーも生まれている。一方、若手社員のなかには、長引く不況のなかで擦り切れてしまい、働くことの意味を見失ってしまった「ニートな部下」も・・・。これでは、日本企業の未来は危うい!?そこで「上司編」「部下編」に分け、今こそ読んで欲しい本を15冊ずつ計30冊紹介。上司も部下も愚痴ばかり言ってないで、気になる本を読んでみて、お互いを理解しあうためのヒントを見出して欲しい。

> 詳細はこちら

宝島 No.634(05年5月号)【記事抜粋】

宝島 No.634(05年5月号)【記事抜粋】

「稼ぐ力」を持つビジネスマンのキーワードとは?
辣腕ヘッドハンターが教える いま稼げる人の条件

超やり手高収入ビジネスマンを独自の嗅覚で探し出すヘッドハンター。その最前線に立つ二人のハンターに、今ホットな高収入職種と、そこで稼げる人の特徴を聞いた。

> 詳細はこちら

Bing No.15(05年4月6日号)【記事抜粋】

Bing No.15(05年4月6日号)【記事抜粋】

選ばれる人材になる! 年代別 スキルのボーダーライン

社内的にはそこそこ評価されているけれど、その力は社外でも通用するのか。そんな不安に刈られている人も、多いのではないだろうか。他社でも通用する人材は、どのようなスキルを持っているものなのか。その目安を、年代別に5人の識者が解説する。

> 詳細はこちら

エンジニアType vol..3(05年3月1日)【記事抜粋】

エンジニアType vol..3(05年3月1日)【記事抜粋】

職種・分野別に徹底分析 最強SEの絶対条件はコレだ!!

日々刻々と変化し続けるSEの世界で、市場価値の高いSEを”最強SE”と定義し、その絶対条件とそこに至るプロセスを探るというのが本特集の趣旨である。最強SEを目指す道のりは遠い。しかし、手の届かない距離ではないはず。「SEとしていま何をすべきか」とのヒントを見つけて欲しい。

> 詳細はこちら

Bing No.50(04年12月8日号)【記事抜粋】

Bing No.50(04年12月8日号)【記事抜粋】

人事、ヘッドハンターに聞きました。
職種別 20代で身に付けておきたい。
知識・経験・スキルをずばり教えてください。

20代で身に付けるものとして、採用側はどう考えているのか。ヘッドハンターと採用担当者を直撃した。

> 詳細はこちら

Bing /No.47(04年11月17日号)

Bing /No.47(04年11月17日号)

人事、ヘッドハンターが査定  転職に勝てる資格20

秋は資格だ!と勉強意欲に燃える人もいるだろう。しかし、折角勉強しても、それが仕事や転職、年収につながらないと、興味や趣味で終わってしまう。そこで今回、転職に役立つ資格を紹介する。各業界の代表と識者10人に、業界や職種にこだわらずアピールできる資格、業界や職種で高く評価されている資格を聞いた。今後の目標に合わせて、キャリアに付加価値を付ける資格取得のために勉強を始めてみませんか。

> 詳細はこちら

ページの先頭へ戻る