==|=============|

パブリシティ

当社サービスがメディアで紹介されました。

いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー
日経ビジネスAssocie(07年1月号)【記事抜粋】

日経ビジネスAssocie(07年1月号)【記事抜粋】

特集 スキルアップ、行動改善、資格取得 今年こそ!! 始める技術

新年を迎えて「何か新しいことに挑戦しよう」と意気込むあなた。でも、相変わらず仕事に追われて忙しい毎日ですよね。仕事が一段落したら始める?多分それでは永久に始められませんよ。「思いたったが吉日」。今すぐ最初の一歩を踏み出してみませんか。どんなに忙しくても「始める技術」があれば大丈夫。さあ、スタートを切りましょう。

> 詳細はこちら

エンジニアtype (07年1月号)【記事抜粋】

エンジニアtype (07年1月号)【記事抜粋】

「選べる時代」の賢い動き方を徹底検証
IT転職「大手orベンチャー」どっちに行くか?

景気回復やWeb2.0ブームを追い風に、再び元気を取り戻したITベンチャー。今年のランキングでは、大手IT企業を差し置いてジャンプアップしたベンチャーが数多く見られた。だからこそ今、考えたい。大手かベンチャーか、あなたの肌に合うのはどっちだ!?

> 詳細はこちら

Woman Type /10-11月号(2006年)

Woman Type /10-11月号(2006年)

採用担当者をうならせる裏ワザをレクチャー!「デキる女」と思わせる面接テク

自分の持っているスキルを、できれば実力以上に見せたい面接。「このヒトはデキる!」と面接官を惹きつけるためには、自分をどう語り、どう見せればいいのか?ワンランク上の自分を演出する、面接テクニックをレクチャー!

> 詳細はこちら

就職ジャーナル /8・9月号(2006年)【記事抜粋】

就職ジャーナル /8・9月号(2006年)【記事抜粋】

「なかなか内定が出ない」「内定は出たけど、どうもしっくりこない」

就活「モヤッと」解消クリニック
「なかなか内定が出ない」「内定は出たけれど、この会社に決めていいのか不安」など、悩みを抱えたまま活動を続行している人は少なくない。周囲には相談しづらい、就活終盤戦ならではのモヤモヤした悩みに対して、様々な道のプロが答えてくれた。人生の先輩でもある彼らの頼もしいアドバイスをヒントに、最後までナットクのいく就職を目指して頑張ろう!

> 詳細はこちら

エンジニア Type/8月号(2006年)【記事抜粋】

エンジニア Type/8月号(2006年)【記事抜粋】

あと一歩の望を叶える   SEの「高望み転職」実現法

夏のボーナスが支給され、ほっとひと息つくこの時期。普段は忙しさにかまけて忘れていた、仕事への「あと一歩の望み」が頭をもたげてくるころだろう。そこで今回は、その「望み」を叶える転職を実現する方法に迫る。

> 詳細はこちら

エンジニア Type/7月号(2006年)【記事抜粋】

エンジニア Type/7月号(2006年)【記事抜粋】

環境・社風・制度の3大項目で選定   “社員想い”なIT企業ガイド

「どうせ働くなら、いい環境で働きたい」。転職を考えるとき、仕事内容や給料と同じくらい気になるのが職場環境や社風の話。だが、これらの情報は、求人情報の文面からはなかなか読み取れないものだ。そこでこの特集では、「環境」「社風」「制度」の3つについて、業界内でも評判のIT企業に取材を敢行。各社の“社員想い”な理由について、現場で働く技術者たちにホンネを聞いた。

> 詳細はこちら

DODA/No.24(06年6月21日号)【記事抜粋】

DODA/No.24(06年6月21日号)【記事抜粋】

人気企業の採点シートはこうなっていた
人事は必ずココを見る!「採点ポイント」誌上公開

「今、自分はどう見られて、どんな評価をされているんだろう」。面接でのこんな気持ち、きっと誰でも経験したことがあるはず。では何がわかれば心強いだろう?それはやはり面接での採用ポイントだ。「積極性」「使命感」「問題発見力」など、人気企業が最重要視する項目は?そしてアドバイザーの見解から、面接必勝法が見えてくる!

> 詳細はこちら

Type (06年5月号)【記事抜粋】

Type (06年5月号)【記事抜粋】

4つの「営業脳力」の鍛錬がキャリアアップのキーワード

ビジネスにおいて営業力はつきものと言っても過言ではない。得意な営業力を把握することが、他業種へキャリアチェンジする第一歩になる。営業力にはどのような要素が含まれているのだろうか?「営業脳力」を分析した。

> 詳細はこちら

日経キャリアマガジン (06年2月号)【記事抜粋】

日経キャリアマガジン (06年2月号)【記事抜粋】

転職コンサルタントが明かす 業界別売れ筋人材ベスト3

景気の上向きに後押しされ、ベンチャー企業から大企業まで転職市場は活況を呈している。そんな中、業界内でのステップアップを目指したり、長年の夢をかなえるために異業界へ飛び込んだり、転職へと踏み出すビジネスパーソンは少なくない。人材紹介のプロ達が教える転職市場のこれからと今後の「売れ筋人材像」を把握して、あこがれのビジネスライフを現実のものにしよう!

> 詳細はこちら

就職ジャーナル (06年2月号)【記事抜粋】

就職ジャーナル (06年2月号)【記事抜粋】

3人のヘッドハンターに聞いた。市場価値の高い人材とは?

1000万円の収入を手にするビジネスパーソンになるために今から考えておくべきこと

> 詳細はこちら

ページの先頭へ戻る