パブリシティ

当社サービスがメディアで紹介されました。

いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー
Type/(12月号2007年)【記事抜粋】

Type/(12月号2007年)【記事抜粋】

冬のボーナス予測からひもとく「異業種転職」成功の秘訣
「業種変え」で年収は本当に上がるのか?

人材の流動化が進み、異業種への転職はもはや珍しくなくなった。だが、未経験の業種へのチャレンジはリスクや収入面での不安が伴う。異業種転職で年収を上げることは可能なのか、リスク回避するためには何が必要なのか ―― 成功の法則を探る。

> 詳細はこちら

Type/(10月号2007年)【記事抜粋】

Type/(10月号2007年)【記事抜粋】

「経済」「転職マーケット」「コンサル業界」を熟知したプロフェッショナルが提言する!

トップコンサルを創る7つの絶対条件
日本企業がコンサルティング会社の存在を意識し、積極的に経営に取り入れ始めた1980年代。それから27年が経過し、コンサルティング業界はどのような変貌を遂げてきたのか。「経済」「コンサル業界」「転職マーケット」を熟知したプロフェッショナルたちが変化の背景を徹底解剖。そこから今後業界が抱えるであろう課題を洗い出し、時代が求めるトップコンサルタントの条件を浮き彫りにする。

> 詳細はこちら

Type/(9月号2007年)【記事抜粋】

Type/(9月号2007年)【記事抜粋】

現役50人のホンネ×最新求人動向×転職実例の3方向から徹底分析!
20代コンサルの「得する転職」鉄則10

将来は経営者か、はたまた著名なビジネスリーダーか。そんなイメージで見られることの多いコンサルタント経験者。ただ、コンサルタントの人数が急増するいま、コンサル経験がすぐに他人との差別化につながるとは言いがたい。この状況下、上手にキャリアアップする道はどこにあるのか?転職で見つかる「明るい未来」を覗いてみよう。

> 詳細はこちら

リクナビNEXT Tech総研/(2007年8月掲載)【記事抜粋】

リクナビNEXT Tech総研/(2007年8月掲載)【記事抜粋】

成果報酬ゲット、ベストタイミング転職etc. 地道な努力者多し30歳年収1000万エンジニア -51人のキャリア図鑑-<

エンジニアにとって30歳で1000万円の年収を獲得することは、ひとつの大きな夢でもある。そこで、実際にそれをかなえたエンジニアはどんな人物像なのか、またかなえるには何が必要なのかを、エンジニアへのインタビューや識者の意見を交えながら考察してみたい。

> 詳細はこちら

PHPカラット /7月増刊号(2007年)【記事抜粋】

PHPカラット /7月増刊号(2007年)【記事抜粋】

人を見抜くプロに聞きました!相手のどこを見ているのか?

初対面の場面で、私たちはどこを見られて評価されているのでしょうか?まさに「人を見抜くプロ」である芸能マネージャーとキャリアコンサルタントのお2人に、人を評価するのに絶対欠かせないポイントを聞いてみました。

> 詳細はこちら

リクナビNEXT /(2007年6月掲載)

リクナビNEXT /(2007年6月掲載)

IT業界、生保業界…7人の人事に聞いたウラ事情
転職者の給与はこうして決まる

前給考慮」「経験能力に応じて優遇」などは募集条件でよく見る言葉。でも前給や経験能力を、具体的にどう考慮して給与を決めているかは、ナゾ。そこで、転職者の給与を決定するまでの過程と仕組みを人事担当者に聞いた。

> 詳細はこちら

Woman Type/5月号(2007年)【記事抜粋】

Woman Type/5月号(2007年)【記事抜粋】

経験者の「失敗談」を大公開!

NGアクションから学ぶハッピー転職の実践テク
         働く女性800人の「転職活動」白書
転職をしたことのない人にとって、「転職活動」は未知の世界どうやって進めればいいのか、どうすればうまくいくのか、不安・疑問を抱いている人が大半だ。そこで、アンケート調査や人材紹介会社の事例などから、800人の転職活動体験を収集。転職経験者たちの「失敗経験」にフォーカスしながら、即使えるリアルな転職成功術を探った。転職活動の一連の流れから、職務経歴書の書き方や面接突破法などの詳細ノウハウまで、ハッピー転職をつかむための実践テクを一挙公開!

> 詳細はこちら

エンジニアtype (07年3月号)【記事抜粋】

エンジニアtype (07年3月号)【記事抜粋】

保存版!狙ったメーカーに受かる人の転職テク大公開

転職パターン別にコツを披露!
第一志望に受かった私の自分を伝えるアピール戦術
これまで転職者アンケートをもとに希望の転職先を狙い撃ちするテクニックを紹介してきたが、彼らがその方法論を導き出すまでにはどんな経緯があったのか、実例5人の経験談から、転職成功のプロセスを解き明かす。

> 詳細はこちら

Bing/No.10(07年2月28日号)【記事抜粋】

Bing/No.10(07年2月28日号)【記事抜粋】

失敗例に学ぶベストタイミングの計り方
会社の辞め時 まだ早い?もう遅い

「あこがれの会社に転職したものの、前職よりやりがいが感じられない」「転職のチャンスはあったのに、思いとどまって時機を逸したと後悔している」。そんな思いにとらわれたことのある人は、案外多いのではないだろうか?今回は「転職して失敗」「転職を思いとどまって後悔」の2つのパターンをもとに、「会社の辞め時」という観点から、転職のベストタイミングを探ってみた。

> 詳細はこちら

リクナビNEXT/(2007年1月掲載)【記事抜粋】

リクナビNEXT/(2007年1月掲載)【記事抜粋】

サラリーマン金太郎、働きマンなど、ヒーローの仕事はいくら?
有名キャラクターの想定年収ランキング2006

サラリーマン金太郎、特命係長・只野仁、頭取・野崎修平など、あんなヒーローが実際にいたら、彼らの年収は一体いくらになるのか!?「会社員」として働く人気のコミックキャラクターを中心に、彼らの今年度の年収額を想定してみました。もしかしたら、あなたの年収がン万円アップする可能性が潜んでいるかも。 ※各キャラクターの想定年収は「賃金・労使関係データ06/07(生産性労働情報センター)」およびヘッドハンター(クライス&カンパニー丸山貴宏氏)のアドバイスから、企業規模・職種・就業年数など諸条件を照らし合わせて想定しています。

> 詳細はこちら

ページの先頭へ戻る