パブリシティ

当社サービスがメディアで紹介されました。

いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー
MBA、会計、MOTパーフェクトブック/(2010年度版 日経キャリア)

MBA、会計、MOTパーフェクトブック/(2010年度版 日経キャリア)

入学前にチェック!学びのコストと費用対効果

大学院の初年度納入金の目安は、国公立大学で約80万円、私立大学では100万円超。安くはない費用と時間をかけて勉強をするのだから、やはり費用対効果も気になるところだ。MBA、会計、MOTを学んだ大学院生たちが、かかった費用と学びの効果について語る。

> 詳細はこちら

日経キャリア/(8月号2009年)【記事抜粋】

日経キャリア/(8月号2009年)【記事抜粋】

すぐ効く・1年後に効く MBA MOT コスト以上のモトを取れ!

多忙な社会人が、大学院でお金と時間に見合った学びを得ているのかは気になるところ。今回の特集では、かけたコストのモトを取るという観点から、修了生や在学生の体験を基に、すぐに役立つ学びと、これから先も役立つ学びを検証!MBA、MOTを目指す人必見のおトクな情報が満載だ。

> 詳細はこちら

type/(6-7月号2009年)【記事抜粋】

type/(6-7月号2009年)【記事抜粋】

ファーム出身者を採用中の事業会社に聞くどうなるコンサルタントのネクストキャリア

コンサルタントが次のキャリアのステージとして事業会社を選ぶのは、比較的メジャーな選択だ。しかし一口に「事業会社で働く。」といっても、具体的にイメージしにくい人も多いはず。実業へと転身したら、一体どのような環境で働くことになるのだろう?コンサルティングファーム出身者を積極採用している事業会社の採用担当者の話から、その実態を探った。

> 詳細はこちら

Gainer/(4月号2009年)【記事抜粋】

Gainer/(4月号2009年)【記事抜粋】

ヘッドハンターがこっそり教える ― 雇用不況時代に生き残れる人の条件
買ってもらえるビジネスマンとは

急激に落ち込んだ経済状況と見えぬ先行きに、漠とした不安を抱えている人も少なくない。しかし、そんな状況下でも、人材の流動や需要はある。ヘッドハンティングだ。不況だからこそ、企業は優秀な人材を囲い込もうとしているのだ。いったいどんな人材が、今、求められているのか。歴戦のヘッドハンターたちが、生き残れる人材になる為の方策を、あなただけにレクチャーする。

> 詳細はこちら

type/(2-3月号2009年)【記事抜粋】

type/(2-3月号2009年)【記事抜粋】

若手ビジネスパーソンのキャリアプランをめった斬り!
プロが示す「経営に近い仕事」に就くための黄金プラン

多くの人が目標とする「経営に近い仕事」。でも自分のキャリアプランに不安を持つ人も多いはず。そこでキャリアプランニングのプロフェッショナルにキャリア設計のためのヒントを教えてもらった。

> 詳細はこちら

type/(11月号2008年)

type/(11月号2008年)

転職戦線に異常あり!“慎重派”企業が増えているワケ

企業の選考現場で、具体的にどんな動きがあるのかは理解できた。 では、採用市場全体では、どのような変化があるのだろうか? 人材紹介会社クライス&カンパニーの代表、丸山貴宏氏に話を聞いた。

> 詳細はこちら

type/(9月号2008年)

type/(9月号2008年)

スクープ! プロ5人が握る(秘)情報すっぱ抜き秋の転職マーケット最前線

就職活動を始める前に、求人動向を押さえるのは基本中の基本。 「でも今の転職マーケットってどうなってるの?」そう思った人も多いはず。 そこでお届けします。これが秋の最新転職ニュース!

> 詳細はこちら

type/(5月号2008年)【記事抜粋】

type/(5月号2008年)【記事抜粋】

special 若手リーダーたちの「逆境」体験記

迫り来るキャリアの危機を3つの視点で解き明かす マネジメントできないとつぶされる・・・の裏事情

> 詳細はこちら

woman type/(2月号2008年)【記事抜粋】

woman type/(2月号2008年)【記事抜粋】

早く新しい職場になじんで活躍するコツって? 入社後3ヶ月の上手な過ごし方

転職したいと考えてはいても、なかなか踏み切れないのが現実。人間関係、収入、キャリア。会社を変えたら実際どうなるのか、今より本当に幸せな状況になるのか、不安は尽きない。転職経験者たちの“その後”を追い、本当に満足できる転職をするための秘訣を徹底的に探ってみよう。

> 詳細はこちら

日経キャリア/(12月号2007年)【記事抜粋】

日経キャリア/(12月号2007年)【記事抜粋】

『有望資格ランキング2008』
法律、会計、IT、知財・・・ 仕事につながる資格!
「奨励資格」の疑問を解消!「使える資格」の活用法を伝授

資格を取りさえすればどうにかなるほど、世間は甘くない。それでも、資格がないより資格を持っていたほうがいい。少しのきっかけと取る意欲、キャリアプランを描き「必要不可欠な武器」に変身させることもできる。あなたにとって本当に使える資格を見つけてほしい。

> 詳細はこちら

ページの先頭へ戻る