永田 敏也 | 自社採用情報 | クライス&カンパニー
永田 敏也
コンサルタント 永田 敏也
永田 敏也

大企業の看板に頼るのではなく、 自分だからこそできる仕事がしたかった。

入社 2020年
前職 野村不動産にて、オフィスビルや物流施設のリーシング業務に従事。

大企業の看板に頼るのではなく、自分だからこそできる仕事がしたかった。

山本
人材紹介に興味を持ったきっかけを教えてください
永田
前職では大企業で営業をやっている中で、自分の力ではないところで成果が出ているのが嫌だなと思っていて。会社の看板で誰でもできる仕事ではなく、「永田さんだから」と言われる仕事をしたかったんです。転職活動を始めた当初は、M&A仲介や生保なども選択肢に入れていましたが、人材紹介はHPにも個人の顔写真付きで実績が掲載されている等、一番自分自身を売り込んでいくようなイメージがあったので志望しました。
山本
人材紹介に特に介在価値を感じられたのですね。その中で、なぜクライスだったんでしょうか?
永田
僕は2年近く転職活動をしていて、何人かエージェントの方にも会いましたが、「もう一度相談しよう」と思える人がひとりもいないことに気づいて。顔も名前も覚えていない。そんな時にクライス出身のエージェントである船橋悠さんに出会い、人材紹介ってこういう仕事なのかと。初回面談では案件提案もなく、学生時代の話を気持ちよく話せた印象があります。僕の話を深く掘り下げながら聞いてくれて、時には「それは違う」と指摘もあり、しっかり向き合ってくれました。他のエージェントの形式的な感じとは全然違う。それで、船橋さんの古巣であるクライスはどんな環境なのか興味を持ち、応募した感じでしたね。
山本
なるほど。そこからどうやって入社に至ったのですか?
永田
「面談では、単なる案件紹介ではなく候補者のパーソナリティや価値観を大事にしている」と社長の丸山さんが何かの記事で言っているのを見て、僕は「丸山さんはそう言っているけど、クライス全体として本当にそうなのか?」を確かめたくて。それで面接の度に同じ質問をしていたのですが(笑)、どの面接官に聞いても同じ答えが返ってくる。「これは本当に、クライスの全員が同じスタンスで候補者に寄り添っている」と信じられたので、ここなら自分のやりたい価値観で仕事できるなと思えて、面接の度に志望度が上がっていきました。
山本
大事にしていた価値観というのは、どんなことでしたか?
永田
他のエージェントからは、僕の話を深く聞かずに大量の案件を紹介されて「それは志向と違うけど…」とか、「永田さんってこうですよね」と決めつけられて、「いや、そうじゃないのに」と感じることがあって。クライスではじっくり時間をかけて候補者と関係構築していることが船橋さんの面談からも感じられたので、そういう仕事が僕もやりたいと思いました。ただ稼げる環境というだけでなく、自分の価値観とも合致した上で稼げる環境があればベストだと思っていたので、クライスと出会えて本当に良かったです。
山本
クライスに転職しようと考えたときに、何かネックになったことはありましたか?
永田
前職の看板を捨てて自分の名前で勝負したいとは言ったものの、本当に捨てて良いものなのか、不動産業界での4年間の経験を全部捨ててゼロから人材業界でチャレンジして良いのかという不安に加えて、年収も入口は下げることになるので、そこの怖さもありましたね。もちろんインセンティブで稼げる制度なのですが、果たして自分がそこまでできるのか。あとは、会社の規模が1000人超の組織から30人の会社に移り、前職の1部署よりも小さい組織に入るイメージが湧かなくて。「カルチャーフィットするのか」「相当ギャップがあるだろうな」「大手だからできていたことができなくなる」という不安もありました。
山本
結果としてなぜ大企業の看板を捨てることができたんですか?
永田
会社の看板を掲げて、自分はすごいとか言っているのってダサいなと思ったのが大きかったですね。結局そのモヤモヤを解決しないまま大企業に残ると、ずっとこんなことを考えながら残り40年働くことになるなと。僕にとっては、そっちの方がストレスだったので。
山本 航

「この人や企業のために」という動きがすべて結果につながる。
やらされ仕事は一切無い。

山本
クライスに入社してみて、不安に感じていた点については実際どうでしたか?
永田
不動産業界の経験は、すごく活かせていますね。むしろ前職に4年しかいなかったので、もっと専門知識をつけてから来た方が良かったかなと思うぐらいです。一方で、これまで馴染みのなかったIT業界のことも学ぶのも新鮮ですし、前職の経験も活かしつつ新たなことも身に着けられるのは楽しいです。年収は、1年経って前職の水準に戻すことができました。ただ、同じ額面でも前職の時と今とでは自分の納得感が全然違います。前職では自分は貰いすぎだと感じていたけれど、今は納得感がすごくありますね。
山本
大企業から小規模の会社へ移ったことはどうでしょう?
永田
今となっては、そんなこと気にしなくて良かったなと。クライスに入ってみて、人と人のつながりの濃さは全然違うと感じますし。大企業だとジョブローテーションで人も入れ替わり、一部の仲良い人とは親しく付き合っていても、他の部署にはあまり関心を持たないところもあって。今は相手の仕事に興味を持てる環境で、お互いの顔が見える距離感なので、メンバーが少ない組織でも良いのかなと僕は思っています。
山本
未経験から立ち上がる上で、苦労したのはどんなことでしたか?
永田
僕は不動産業界というクライスと親和性の無い領域で、企業も候補者も一から開拓だったので、単純に労力がかかったというのはありました。また、自分の年齢だとハイレイヤーの候補者の方の気持ちになかなか踏み込めない面もあり、難しさも感じます。ただ、年齢で埋められない部分は仕方ないので、わからない点は候補者の方に素直に聞く一方で、プロとしての部分も見せられるよう企業理解の深さで相手の心を掴むことを意識しています。
山本
そういう壁を乗り越えるにあたって、同僚や先輩からのサポートはありましたか?
永田
そこは良い意味でギャップがあり、若手を育てようとか、未経験の人を受け入れようという制度や雰囲気がこんなに整っているのは正直驚きでした。具体的には、DXや事業責任者など、様々な職種の勉強会や面談トレーニングが週次で行われていて。未経験の領域は自分で本を読んで勉強するしかないと思って入社したので、会社としてそういう研修があるのは想定外でしたし、結果的に自分の成長スピードを上げられた要因かと思います。
山本
会社の雰囲気はどうですか?
永田
皆が僕に興味関心を持って気にかけてくれているのを感じます。リモートワーク中心でも、各自自宅からタブレットで常時接続してお互いの顔や様子が見えたり、毎朝オンラインの朝会で一体感が得られたりと、常につながっていて互いのことも感じられる。分からないことがあっても気軽に聞ける環境で、僕としても仕事がやりやすくて良かったです。
山本
入社前後で感じたギャップは何かありましたか?
永田
インセンティブの比率が高い給与制度なので、相当厳しく成果を求められるのかと思いきや、意外とそうでもない。皆さん数字だけを追いかけるわけでもなく、すごく健全な環境だと感じます。本当にやりたい企業・候補者に注力することで結果数字がついてくると分かってホッとしたというか、こういう組織風土って本当にあるのだなと。他の皆さんを見ていると、自分も早くそっちの世界に行きたいと思って更にやる気が湧いてきます。
山本
今は自分の名前で仕事できている感じを持てていますか?
永田
入社2年目なのでまだまだですが、決定した方から「永田さんのおかげで」と言ってもらえると、この方の人生には少なからず自分が関わったことによるインパクトを残せているのだろうという実感はあります。前職と今では成約の意味合いが全然違っていて、前職では契約というのは書類をつくったり決済を回したりという面倒な作業だったのが、今は「この人のために」「この企業のために」という動きの積み重ねが結果につながっているので、そのために時間をかけたとしてもすべて納得できます。自分がどれだけやってもやらなくてもその分結果として自分に返ってくるので、やらされ仕事は一切無いです。
山本 航

クライスの強さは「人」。
皆が助けてくれるという安心感のもと、思いきり仕事できる。

山本
あらためて聞きたいのですが、クライスの良さって何だと思いますか?
永田
一緒に働く「人」の部分が一番です。メンバーに恵まれているのは働く上ですごく重要だと思います。自分自身が健全な状態でないと、企業や候補者に対して良い提案もご支援もできないので。クライスでお互いに助け合う制度やマインドが根付いているのはこのメンバーだからこそですし、これだけ高いレベルで価値発揮できている強さだと思います。
山本
お互いに助け合うというのは、具体的にはどんなことがありますか?
永田
皆自分の目標数字を持っている中で、嫌な顔ひとつせず時間を取って僕にアドバイスしてくれます。例えば、「最近、面談はどう?今の課題は何?」と声をかけてくれたり、企業開拓やプロセス状況について毎週サポートしてくれたり。メンターはもちろんですが、他の先輩方も僕が相談する前から色々気にかけてくれるのがありがたいなと。それは僕の安心感につながっていて、自分も好きなように思いきり仕事ができるし、「間違ったら正してくれる」「困ったら皆が助けてくれる」という絶対的自信を持つことができたと思います。
山本
最後に、未経験で人材紹介の仕事に挑戦したい方にメッセージをお願いします。
永田
人材紹介に興味があるなら、絶対クライスの話を聞いておいた方が良いと思います。多数の人材紹介会社がある中で、より本質的な仕事をしているクライスを知ることによって良し悪しの指標が分かり、その結果良い選択ができるはずです。候補者に対しても企業に対しても誠実に向き合う仕事がしたい人には、クライスを絶対にお勧めします!とにかく稼ぎたいだけの人だと違うかもしれません。僕が転職活動をしていた頃、他のエージェントの人たちは僕を「野村不動産で3年目の営業」として見ていましたが、クライスOBである船橋さんは「永田敏也というひとりの人間」として見てくれました。僕もそういう仕事がしたくてクライスに入ったので、もし共感される方がいれば、ぜひ一度お話を聞いてみて欲しいです。
入江 祥之

CLOSE