K&C KREIS & Company Inc.

株式会社クライス&カンパニー

〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1
サンマリーノ汐留2F

QUALITY ALLIANCE 私たちは人材紹介業界の品質向上に努めています。QUALITY ALLIANCE 加盟

求人情報Position Offer Information

当社でご紹介できる求人は年収800万円以上のハイクラス求人です。
尚、コンフィデンシャルのハイクラス求人は非公開となっています。

ハイクラス求人(公開)
3,530
ハイクラス求人(非公開)
7,893

K&C KREIS & Company Inc.

株式会社クライス&カンパニー

〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1
サンマリーノ汐留2F

QUALITY ALLIANCE 私たちは人材紹介業界の品質向上に努めています。QUALITY ALLIANCE 加盟

Vol.150
次のステップのためにコンサルタントになる?

コンサルティングファームを希望される方の中には、厳しい環境の中に身を置いて若いうちはバリバリ働いて鍛えたい、キャリアに箔をつけたい、そして将来は経営者になりたい、もしくは経営に近いところで仕事をしたい、という方が多いです。要はコンサルタントとして何かをやりたいというよりは、ある目標に到達するための一ステップとしてコンサルタントを希望するタイプの方です。今回はこれに関連したもので私自身がハッとさせられたケースをご紹介させていただきます。
 
Aさんはグローバルメーカーにおいて海外のブランドマネージャーとしてご活躍されていました。若くして大きな予算を与えられ充実したキャリアを積まれていました。多国籍な環境で仕事をする中で、今後長い目でキャリアを考えた際に、グローバルリーダーを目指す上では世界各国の歴史観、文化、宗教、商習慣を学ぶべきだと考え、世界各国を回る旅に出られました。そして行き着いた先には、自分自身というよりは一人でも多くのグローバルリーダーを輩出したいと思うようになり、人材開発の仕事に関心を持つようになりました。
 
最初は人材開発会社に絞って活動を進められていたのですが、各社の面接を受ける中でこの業界には戦略ファーム出身者が多く、複数名の面接官から「Aさんはまだ若いのでまずは戦略ファームに行ってから人材開発業界に入るのも良いと思いますよ」というアドバイスをもらいました。また、講師になることを考えた場合、ある程度キャリアに箔があった方が説得力が増すのではないか、自分の話により興味・関心を持って聞いてもられるのではないか、そんな考えがふつふつと沸いてきて、戦略ファームも受けることにしました。
 
結果、Aさんは人材開発会社と戦略ファームの両方からオファーを獲得されました。そして、最終的に決断されたのは人材開発会社でした。少し前まで戦略ファームに気持ちが傾いていたので、私はちょっと驚き、なぜ人材開発会社に決められたかを聞いてみたところ、私もハッとさせられる回答でした。
 
「現時点で自分は人材開発企業でグローバルリーダーを育てたいという強い思いを持っています。ただ、この仕事をやってみたことがないので、もしかすると現実とのギャップを感じ、別のことをやりたいと考えるかもしれません。今後の長いキャリアを考えた場合、30歳前後の数年間は非常に大事な時であり、その時間を次のステップの準備期間として費やすよりは、現時点で自分が一番やりたいところに飛び込んで全力を注いでその仕事に取り組んだ方が良いと考えたので、人材開発会社に決めました。」ということでした。
 
戦略ファームは非常に難関であり、ここでキャリアを積めばその先に素晴らしいキャリアが待っているのではないか、そのような憧れを持たれている方はとても多いため、私もAさんの決断をお伺いした際にはとても驚きました。しかしご本人から理由をお伺いして、大変納得させられました。
 
私はAさんの決断後の晴れやかな表情を見て、きっと上手くいくだろうとさらに確信しました。キャリアの選択に正解はありませんが、個人的には「好きこそ物の上手なれ」という言葉が好きで、人は好きなものに対しては一生懸命になります。それに対して勉強したり努力したり、工夫したりする時間を惜しみませんので自然と成長も早くなるでしょう。何よりも、自分が本気でやりたいと強く思える仕事に出会えることはそう多くありません。Aさんはそれを見つけられたので、きっと人一倍努力して成功されるのではないかと思います。
 
戦略ファームは決して楽な環境ではありません。プロフェッショナル集団であり、ハードワークかつUPorOUTの環境で、ある種戦場のようなところです。軽い気持ちで飛び込むにはリスクが高い業界だとも感じています。戦略コンサルタントを目指す方は本当に自分は何を求めて行くのかをきちんと明確にしてからチャレンジすることをお奨めします。
 

今回の教訓&アドバイス

本気になれることを見つけられたのであれば、すぐに飛び込むべき

コンサル希望なのであれば、本気で自分が目指す道を定めてから臨むべき

このコラムを書いたコンサルタント
コンサルタント
入江 祥之
経営幹部(CXO、部長、マネージャークラス)、ファンド(PE、VC)、及び、ファンドの投資先ポジション。
また、コンサルタント経験者の転職支援を専門としております。 プロフィールをみる

同じカテゴリーのバックナンバー

キャリアアップコラム
カテゴリー

Career up column category

選択してください

  • プロフェッショナルのターニングポイント フェイスブックジャパン 栗山 修伍
  • メールマガジン 配信登録 Mail Magazine「面接官の本音」「キャリアアップコラム」などの記事の最新号をメールマガジンにてお届けします
プレエントリー いつかは転職をお考えの方に 中長期でのキャリア構築をさせていただきます エントリー いますぐ転職をお考えの方に ご希望の時期に合わせて転職支援をさせていただきます