顧問 及川 卓也

Takuya Oikawa

エンジニアの人材流動性を高めて、 日本をもっと強くしていきたい。 そんなチャレンジを、クライスとともに。

私は、「優秀なエンジニアこそ積極的に転職すべきだ」と思っています。大企業で安穏としているくらいなら、有望なスタートアップベンチャーに移ったほうがいいでしょう。世界は今ソフトウェアで動いているといっても過言ではありません。優秀なエンジニアであればあるほど、自らの能力を存分に発揮できる場に身を置いたほうが、自分自身のキャリアのためにもなり、何より世の中への貢献度がはるかに大きくなるはずです。つまり、この国のエンジニアの人材流動性をもっと高めていくことが、まさにエンジニアの幸福度を高め、世の中を変え、結果としてそれが日本の力を高めることにもつながっていく。そこに私はぜひ貢献していきたいと考えています。

一方で、人材の流動性を高めていくプラットフォームとなりえる日本の人材ビジネス業界を見渡したとき、随所でいろいろな工夫はなされているものの、まだまだ正しいマッチングが産み出されているとは言い難いのが実情ではないでしょうか。特にエンジニアに関して言えば、優良なスタートアップ企業でも人材を集めるのに非常に苦労していたり、たとえ優秀なエンジニアであっても、本当に適正な選択肢のなかから転職先を選べていないのではないかとすら思います。

私も以前、キャリアコンサルタントの方々にお会いしたこともありますが、本当に我々エンジニアの人生や遣り甲斐を考えて提案をしていただける方は残念ながらいらっしゃいませんでした。
そのようななか、クライス&カンパニーのコンサルタントだけは、真に私のことを慮った提案をしてくれたことが非常に印象的でした。そしてコミュニケーションを重ねていくなかでわかったのは、クライス&カンパニーには、人材ビジネスを通してこの社会をより良くしていきたい、個々人を熱くしていきたいという志と情熱があるということでした。そこに私は強く共感し、クライスと共に、我が国のソフトウェア産業を強く、そして日本そのものを強くしていくことへのチャレンジをしたいと考えるに至ったのです。顧問という立場で、これまで培った自分自身の知見をフルに活用し、この大いなるチャレンジにコミットしてまいりたいと考えています。

及川卓也によるスポットアドバイスサービス

「エンジニアリング組織づくり」「プロダクトマネジメント」について及川よりアドバイスさせていただくサービスがございます。

詳細はこちら >

トップエンジニアたちが拓く道

第一線で活躍するトップエンジニアの方々に 技術、プロダクト、マネジメント、経営といった視点で及川卓也がインタビュー。

詳細はこちら >

経歴

MicrosoftにてWindowsおよびその関連製品の開発を担当した後、Googleに転職し、ウェブ検索やGoogleニュースのプロダクトマネジメントやGoogle Chromeのエンジニアリングマネジメントに従事。その後、Qiitaの運営元であるIncrementsに転職。現在独立して、プロダクト戦略やエンジニアリング組織作りなどでスタートアップを中心とした企業への支援を行う。2011年、東日本大震災後に災害復興支援や防災・減災等にITを活用する活動をスタートさせる。一般社団法人情報支援レスキュー隊(IT DART)の代表理事。2017年よりクライス&カンパニー顧問。

顧問就任にあたってのメッセージと今後の活動について
詳細はこちら >


プレエントリー いつかは転職をお考えの方に 中長期でのキャリア構築をさせていただきます 相談する
エントリー いますぐ転職をお考えの方に ご希望の時期に合わせて転職支援をさせていただきます 相談する