K&C KREIS & Company Inc.

株式会社クライス&カンパニー

〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1
サンマリーノ汐留2F

QUALITY ALLIANCE 私たちは人材紹介業界の品質向上に努めています。QUALITY ALLIANCE 加盟

K&C KREIS & Company Inc.

株式会社クライス&カンパニー

〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-1
サンマリーノ汐留2F

QUALITY ALLIANCE 私たちは人材紹介業界の品質向上に努めています。QUALITY ALLIANCE 加盟

Vol.30 モトローラ株式会社

モトローラ株式会社

無線通信機器、最先端エレクトロニクス機器およびサービスを提供する世界有数のエレクトロニクスメーカー。ワイヤレス、ブロードバンド、インターネットを利用し、個人、職場、自動車に対する組込みチップシステムからネットワーク・コミュニケーション・ソリューションを広く提供。

Q

面接で重視されるスキルをおしえていただけますか?

-

コミュニケーション能力とスキルの転用性の2点は特に重視しています。コミュニケーション能力は伝えたい事を伝える能力であると同時に周囲に対する影響力、行動力、調整力であるとも考えられます。当社の場合、職務上の部門間調整や協力要請等は原則としてご自分で行っていただきます。この調整力が各プロジェクトの成否を左右することさえありますので、トータル的なコミュニケーション能力は重要です。

スキルの転用性とは、これまでにその方が取り組んでこられたスキルをどのように当社で生かすことができるかという応用力です。何かの問題に直面した際に、どのような工夫をしてこられたのか、その工夫をどのように現在の業務に生かしているのか、更にその工夫をどのように当社で生かして頂けるのか、そんな応用力と柔軟な思考力も重要です。当社で活躍している方はこれら二つの能力をお持ちの方であると言えます。

Q

それではスキル以外で重視される点はございますか?

-

面接ではご経歴をご自分の言葉で語っていただくことからスタートし、興味がある点につきましては詳細をお聞きしていきます。自信をお持ちの事については、どのような角度からお聞きしましても、具体的で説得力のある答えが必ず返ってきます。逆に、あまり自信をお持ちでない事については表面的な話に終始してしまう傾向にあります。言いたい事をダラダラと話すのではなく、伝えたいことを的確に、具体例を示しながら、自分の言葉でお話いただけますと響いてきます。

面接という場だと、自分を良く見せたいという思いからつい無理をしてしまいがちですが無理をする必要はありません。信念を持って取り組んでこられたことを、自然体でお話いただくことが大切です。模範解答的なコメントを否定するわけではありませんが、独自性があり、自分の言葉でお話をされる方により大きな魅力を感じますね。

Q

面接で印象に残っているケースをお聞かせ下さい。

-

自分の言葉でお話をされた方は良い印象が残ります。話し方の上手下手ではなく、ご自分の考え方を伝えようとしているかどうかで印象が異なります。第一印象は確かに大切ですが、当社のようにエンジニア採用をメインに行っていますと、それだけでは判断できないことも多々あります。当社としても良い面を引き出せるように面接を工夫しているつもりですが、エンジニアの方は営業の方に比較しますと技術領域以外のお話をするという事は得意ではない気がします。ただ、お話を続けていきますと説得力やしっかとした物事に対する考え方などが見えてくる事がありますし、いかなる問題に対しても粘り強く挑戦し誠実に対処してこられた方であると感じさせられることもあります。例え第一印象に自信が無い方でも、このようにしっかりとした考え方をお持ちの方であれば結果として良い印象になります。

Q

御社が求める人物像をおしえてください。

-

当社はフェアでフラットな組織で制約がありません。つまり、具体的な指示はなく自分で考えて行動を起さなければならない組織です。会社やチームとして目標は共有するものの、自らの責任で日本のみならず海外も巻き込んでミッションを達成していく必要があります。ですので、ローカルプロジェクトをグローバルプロジェクトに拡大していきたい方、自ら陣頭指揮をとっていきたい方、そんな思いをお持ちの方が活躍できると考えています。日本の常識が通用しないグローバル環境の中で、どうやって周囲に影響力を与えながら動いていくことができるか、物事を多面的に捉えいかに自分の存在価値を高めていくことができるか、それが醍醐味です。

英語力はあれば確かに有利です。ただ、もし英語力が無い場合であっても今から追いついていく気力さえあれば十分にチャンスがあります。いかなる局面でも自ら考えて行動することができる、そんな方を求めています。

Q

最後に転職をお考えの読者の方にアドバイスをいただけますか?

-

面接は企業側が一方的に判断する場ではなく、候補者の方が企業を精査する場でもあります。ですので、対等な立場で相互理解を深めるべきですし、何か知りたいことや疑問点などがある場合は遠慮せずに確認するべきですね。確認しづらいことほど、本質であることが多く、その確認を怠って決断が下された場合は、双方にとって不幸な結果につながります。

また、外資系とか米系とかという枠組みで企業を捉えないことも重要です。日系企業であっても規模や業界による違いは大きく、1つにまとめることは現実的ではありません。まさにこれと同じです。一口に米系企業といっても千差万別です。共通の特徴が全くないとは言い切れませんが、米系だから、ヨーロッパ系だから、外資系だからこうだというような先入観は持たない方が良いと思います。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

面接官の本音最新号のメルマガを受け取る

バックナンバー

プレエントリー いつかは転職をお考えの方に 中長期でのキャリア構築をさせていただきます エントリー いますぐ転職をお考えの方に ご希望の時期に合わせて転職支援をさせていただきます