ホーム >  TURNING POINT トップへ >  鍵本忠尚 / 株式会社ヘリオス (Vol.13)

produced by Kreis & Company

Turning Point 転機をチャンスに変えた瞬間~ビジネスの現場から~

思い悩みながら、自分の揺るぎない「軸」が定まった。そこに立脚している限り、充実した人生が送れるはず。 思い悩みながら、自分の揺るぎない「軸」が定まった。そこに立脚している限り、充実した人生が送れるはず。

日本が誇る万能細胞「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」で、さまざまな疾患に対する細胞医療の製品を創り出そうとしている気鋭のバイオベンチャーがヘリオスだ。同社を立ち上げ率いるのは、かつて九州大学病院の臨床医として勤務していた鍵本忠尚氏。あえて困難なテーマに立ち向かおうとしている鍵本氏のターニングポイントはどこにあったのか、これまでのキャリアを振り返っていただいた。
株式会社ヘリオス 代表取締役社長/医師  鍵本忠尚氏

鍵本忠尚氏

2002年、九州大学医学部卒業。米シリコンバレーのJETRO事務所でインターン経験後、2003年、九州大学病院にて眼科医として勤務。2005年、アキュメンバイオファーマを起業し、日本の大学発のバイオ技術でBBG250を利用した眼科手術補助剤を開発。 インド・米国での自社第Ⅲ相治験を経て欧州において承認取得・上市を果たしデファクトスタンダードの地位を獲得。2011年2月、加齢黄斑変性の治療法を確立すべく日本網膜研究所(現・ヘリオス)を設立。2015年6月、東証マザーズに上場。

自分は何のために生きているのか、その答えを探していた学生時代。

鍵本さんはどのような学生時代を過ごされたのですか。
私は両親とも医師の家庭に育ちましたが、中学の時に「絵」に興味を持ち、キャンバスの上に絵の具を置くというシンプルな表現法に無限の可能性を感じて、高校時代までずっと油絵を描くことに没頭していました。 絵を描くというのは自分と向き合う作業であり、多感な年頃だったこともあって、自分の人生には何の意味があるのかという思いを巡らせながら、ひたすら絵を描いていましたね。高校2年までは、将来は画家になろうと真剣に考えていました。
もともとは美術を志向していらっしゃったのですね。そんな鍵本さんが医学部を志すようになったのはどうしてですか。
高2の時、父親に「芸大に行きたい」と勢いのままに相談したら、「何を考えているんだ!」とひどく叱られて……自分自身、少し冷静になって考えてみると、別に「絵を描く」というのは習ってどうにかなるものでもありませんし、芸大に行ったからといって自分が描きたいものが得られるわけでもない。 もともと私にとって「絵を描く」ことは、自分という人間がどんな存在なのかを考えるような行為だったので、それで「人」について学びたいと考えるようになり、人を理解するための究極の学問である「医学」がやはり面白そうだと、そこから進路を180度転換し、九州大学の医学部に進みました。
大学時代を振り返っていかがですか。
お世辞にも真面目な学生とは言えませんでしたね。あまり授業にも出ていませんでしたし、でも興味のある領域だけはとことん追究していました。 特に面白かったのがウィルス学。ウィルスというのは、生物と非生物の境界にいるような存在で、遺伝子情報を有する最小単位なんですね。その境界を理解するとこで、我々の生命の仕組みを解明できないかというアプローチにとても惹かれたのです。 九大にはウィルス学で高名な教授がいらっしゃって、その先生の研究室に毎週足を運び、一緒に論文を読んでは議論していました。本当に優れた論文というのは芸術的で、仮説、実験、検証、結論までの流れが見事に構築されているんです。 その先生と過ごした時間は私にとって本当に貴重なものでしたが、振り返ると大学時代は、自分に何ができるのか、自分が何をすべきなのか、ずっと迷っていたように思います。
そんな鍵本さんは、いまや有望なバイオベンチャーを率いる立場を務められていますが、ご自身の進むべき道を見つけるにあたって何か契機があったのでしょうか。
九大の医学部では6年次から博士課程がスタートするコースがあり、そこに入って1年間研究活動に取り組んだのですが、そこで日本の科学技術のレベルはきわめて高く、世界と伍して戦えるという手応えを感じました。 しかし、実際は日本発の医薬も治療法も欧米に比べて少ないのが現状で、国際学会でも日本人研究者の地位はけっして高くはなかった。日本人はやはり研究成果をアピールするのが下手なんですね。 このギャップを埋めるのが我々の世代の使命だと捉えたのですが、では何をすべきかと考えた時、そのひとつの手段がバイオベンチャーではないかと。当時日本はちょうど戦後50年を迎え、国力も充実し、ノーベル医学賞も利根川(進)先生が受賞されていて、世界を制するだけの蓄積はすでに十分にあると思っていました。 また、6年次にシリコンバレーに留学した際、アメリカでは大学の研究成果を実用化するバイオベンチャーという存在が当たり前になっており、日本にはまだそうした動きがあまり見られなかったこともあって、バイオベンチャーを立ち上げるのもひとつの選択肢だと考えるようになったのです。