企業インタビュー

注目度の高い企業を厳選して掲載しております。

企業インタビュー
いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー

企業概要

「国内でも稀有なPMO専門会社。コンサルタントに理想のキャリアを提供。PMOソリューション事業部 副事業部長 大内雄司氏

さまざまなマネジメント手法を実践的なソリューションとして提供するという理念を掲げ、2005年に設立されたマネジメントソリューションズ(略称:MSOL)。国内でも珍しいPMO(Project Management Office)専門会社として独自の地位を築き、クライアントは東証一部上場企業を中心に30社以上、支援プロジェクトはすでに200を超える規模に及んでいます。マネジメントソリューションズは、プロジェクトマネジメントを得意とする人材にとって、理想のキャリアが得られる環境です。
インタビュアー:キャリアコンサルタント 奈良 元生

敢えて「コンサルティングファーム」とは名乗らない。泥臭い仕事も厭わない。

奈良
まずはマネジメントソリューションズという企業についてご説明いただけますか。
大内
当社はその名の通り、プロジェクトマネジメントに関するソリューションを提供している会社です。プロジェクトを推進する際に生じる問題を解決し、プロジェクトを成功に導くことが我々のミッションであり、大きな括りではコンサルティングファームといえます。しかし、会社としてはコンサルティングファームだと明確に謳ってはいません。我々は、クライアントにただ問題解決策を提示するだけの存在ではなく、プロジェクトの成功のために現場に入り込み、自ら手を動かして泥臭い作業も担っていくことも厭わない。
 
PMOソリューション事業部 副事業部長 大内 雄司氏

PMOソリューション事業部 副事業部長 大内 雄司氏

 
それが他の一般のコンサルティングファームとは大きく異なる点であり、クライアントから高く評価いただいている点でもあります。PMOの専門企業は国内でも稀有であり、我々はその先駆者だと自負しています。
 
奈良
御社にはプロジェクトマネジメントを究めた人材が揃っているのですね。大内さん自身は外資系のコンサルティングファーム出身だとうかがいましたが、どうしてこちらに転職されたのですか。
大内
以前に在籍していたファームでは、新規事業開発や業務改革、組織改革、さらには大規模なシステム開発の管理など、10年ほどの間にさまざまな案件に携わりました。そのなかで私がクライアントや会社から最も評価されたのが、プロジェクトマネジメントでした。たとえばシステム開発プロジェクトにおいて、ITの専門家や業務プロセス構築の専門家たちの間に立ち、それぞれの事情を捉えてプロジェクト推進のための課題を抽出して施策を立案していくという、そうした役回りを求められる案件では大いに力を発揮できました。一方、特定の業種についての深い業務知識や、あるいは専門的なテクノロジーの知識を求められるようなポジションでは、なかなかうまく機能できませんでした。
 
代表取締役社長兼CEO 高橋 信也氏

代表取締役社長兼CEO 高橋 信也氏

奈良
外資系のコンサルティングファームでは、プロジェクトにアサインされるたび、すぐにクライアントの業務や必要なソリューションについてキャッチアップしていくことが求められますからね。
大内
その通りです。正直に言えば、私自身はそうしたコンサルティングには向いていなかったのかもしれません。専門的な知見が求められるプロジェクトに入るたび、老けた新人のような立ち位置で(笑)、何とか長時間労働でカバーしてきたというのが実情でした。外資系のファームは、たとえ得意ではない案件であろうと、声をかけられれば参画するよりほかにない。向いてないからと断っていれば、そのうち社内で失業してしまう。
 
 
前職を振り返ると、自分が持っている武器が活きてクライアントに評価される案件と、長時間労働覚悟で苦手な分野に取り組む案件を交互に経験してきた10年でしたね。
奈良
それで、ご自身の強みに特化して実力を発揮できる場として、今の御社を選ばれたというわけですね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

ページの先頭へ戻る