企業インタビュー

注目度の高い企業を厳選して掲載しております。

企業インタビュー
いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー

成り立ち

ファクトリエ(ライフスタイルアクセント株式会社)

2012年に創業し、メイドインジャパンの工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」を立ち上げたライフスタイルアクセント。「日本の工場(ファクトリー)から世界一流ブランドを作る」という大きなビジョンを掲げ、最近メディアにもたびたび取り上げられている注目企業です。「メイドインジャパンを守り、工場と消費者を正しい価値価格でつなぐ」をコンセプトに、世界レベルの技術を持った国内のアパレル工場と直接提携し、オリジナルデザインの商品をECで提供しています。

インタビュアー:キャリアコンサルタント 工藤 直亮

激減するアパレル業界の「メイドインジャパン」。その危機感から起業。

工藤
山田さんはライフスタイルアクセントを創業、「Factelier(ファクトリエ)」というメイドインジャパンの工場直結ファッションブランド「ファクトリエ」を立ち上げ、同名のECサイトを展開されています。まずはこのビジネスを立ち上げようと思われたきっかけを教えていただけますか。
山田
私の実家は、熊本市内で100年前から商売を営んできた婦人服店で、幼い頃から日本製の高い品質の洋服に囲まれて暮らしてきました。それがやはり原体験として大きいですね。そしてもうひとつ、起業を志す大きなきっかけとなったのが、大学時代のフランス留学の経験です。現地ではGUCCIのパリ店で働く機会を得たのですが、そこで知り合った人たちから『日本の良いブランドって何?』と聞かれたことがあったんです。私は、たとえば世界で通用しているファッションブランドがいくつもあるよと答えたのですが、彼らは『そうしたブランドは自社で工房を持って職人が作っているの?』と聞かれました。欧州のラグジュアリーブランドはどこも素晴らしい工房を持っています。HERMESなどはひとつのバッグをひとりの職人が丸縫いし、その職人の印まで記されています。一方、その時私が身につけていた国内ブランドのアパレル製品は、実はどれも日本製ではなかった。日本の有名アパレルブランドは、大量生産・低価格化の波に押され、そうした工房・工場や職人を自社できちんと抱えているというところはほとんどなかったんです。すると彼らから『日本には本物のブランドはないんだね』と指摘されて……それがショックだったんですね。
 
工藤
ブランドに対する考え方が、ヨーロッパの人たちは根本的に違うんですね。
山田
そうなんです。私は当時、ブランドというのはマーケティングやプロモーションなどによって築かれていくものだと思っていたのですが、それは国としての歴史が浅く、ブランドを急に作らなくてはいけなかったアメリカ流のやり方。ヨーロッパで脈々と培われてきた職人文化の中で生きている彼らは、もっと純粋で、ブランドの価値の源泉は「ものづくり」にあると考えている。だから、いくら世界で通用しているアパレルがあると言っても、自ら「ものづくり」をしていない以上、それは本物のブランドではないと。そして「日本はせっかく歴史もあり、我々と同じように『ものづくり』の文化を大切にしている国ではないのか?」と問われて、深く考えさせられたんですね。
 
工藤
確かに「メイドインジャパン」は高品質の代名詞でしたが、いまでは国内ブランドのアパレル製品のほとんどが、アジアを中心とした外国製になっています。
山田
コスト削減を主目的とするマーケティング志向でビジネスをやれば、やはりそうなってしまいます。お客様が望むことを徹底的にヒアリングし、できるだけ安く作り、たくさん売って儲けるというのがマーケティングであり、コストを抑えるために海外で生産せざるを得ない。結果、アパレル製品における「メイドインジャパン」の国産比率は、25年前までは50%を超えていたのに、現在では約3%以下にまで激減しています。果たしてこのままでいいのかと。実は日本国内には、海外の有名ブランドから直接発注が寄せられるような、高度な織物や縫製の技術を持つアパレル工場が全国各地に点在しているんです。そうした、世界に誇る「メイドインジャパン」が存亡の危機に瀕している。私自身、小さい頃から日本製の質の良い洋服に触れて暮らしてきたこともあって、「メイドインジャパン」が失われてしまうこの状況を何とかしたいという思いが強く、いつかは「メイドインジャパン」で世界が認める本物のブランドを創りたいと。
工藤
山田さんのそうした高い志から生まれたのが、この「Factelier(ファクトリエ)」なのですね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

ページの先頭へ戻る