キャリアアップコラム

面接ノウハウをテーマにした、当社コンサルタントのコラム。

いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー
神田 昭子

Vol.183 あなたの「売り」は何ですか? -面接官が本当に聞きたいこと

面接で「売り」ポイントを聞かれたら?
あなたが面接を受けている場面を想像してみてください。
面接官からあなたの「売り」を教えてください、と問われた場合どのように答えますか?
○○です、と自信を持って即答できるでしょうか。
もしくは強いて言えばこれだけど・・・という方もおられるかもしれません。
 
今回はこの点について、企業側の視点からどう映っているのかお話したいと思います。
 
企業が面接で知りたい、あなたならではの「強み」
先日、ある企業の面接に同席させていただきました。
候補者の方はやや緊張されていた様子でしたが、後半は雰囲気もほぐれ和やかに進み、無事終了。その後面接官の方に「いかがでしたか?」とお聞きしてみると、「う~ん・・・」と頭を抱えられています。
 
「○○さんは実際のところ何が強いのか、もっと見せて欲しかった」とのこと。経歴を一通り聞いたうえで、「では××に強いんですね」という理解で話をしてみたが、ご本人は「××もできるが△△もやりたいし、できます」と言う。まんべんなくできるという印象で、自分ならではの個性・売りポイントが見えづらかった。お人柄も良いし、(選考ポジションとは異なるが)××のポジションなら可能性はあると思うものの、ご本人の志向と合うのか悩ましいとのことでした。
 
私自身も横でもっとフォローできていればと思うと同時に、面接で「何に強みがあり、何がしたいのか」を明確に伝えることの重要性を改めて実感しました。
 
実は最近、別の大手企業での選考でも同様のことを感じる場面がありました。
海外経験やIT領域の知見・人物面も含め、企業としては可能性を感じて選考を進めていたのですが、面談を重ねてもなかなか具体的にどこまでできて、どこからは未経験なのか等が見えてこない。
 
一般論や概念的な話に留まっている。また、当社で何ができるか、やりたいかについても聞きたい。我々がうまく引き出せていない部分もあるとは思うのですが・・・と人事責任者の方よりお話をいただきました。
 
上記2つのケースから、どのようなことが考えられるでしょうか。
これらの場合は、企業側が理解を深めたいと前向きに捉えてくださっているためまだチャンスは残されていますが、実際には1回の選考で見極められなければ残念ながらそれで終了という場合がほとんどです。
自身の「売り」ポイント、できる/できないことを明確に
では、面接を成功させるにはどうしたら良いのでしょうか?
 
企業研究や情報収集ももちろん重要ですが、何よりもまず自分自身を見つめ、正しく把握することが必要です。書類だけではわからないその方の一番の強み・得意領域を面接官は知りたいのです。特にキャリアを重ねてきたベテランの方の場合(上記の例はいずれも40代の方です)、様々な経験をされてきているだけに「強み」がややぼやけてしまうこともあるように思います。
 
「色々幅広くカバーできます」というのも強みのひとつになり得ますが、その場合でも「色々」の要素を分解して整理しておくことが大事です。
 
日本人は(私自身もそうですが)、自分の強みを堂々と語るということに慣れていない方が多いと感じます。ですが、企業が中途採用でどういう方を欲しいと思うのかという視点を持ってみると、面接で自分の「売り」を明確に伝えることがいかに重要であるか、ご理解いただけるかと思います。
 
逆に、できないこと・未経験のことについてはできないと率直に言う姿勢に好感を持たれ、選考が通過した例もあります。その意味でも、ご自身について客観的に把握し、選考の場で率直にお伝えすることは重要と言えるでしょう。
 
是非、我々コンサルタントを上手に活用していただき、面接でご自身の強みをしっかり企業へ伝えていきましょう!
 
今回の教訓&アドバイス
この記事をシェアーする

「キャリアアップコラム」最新号のメルマガを受け取る▶

title-career-up
ページの先頭へ戻る