キャリアアップコラム

転職ノウハウ をテーマにした、当社コンサルタントのコラム。

いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー
奈良 元生

Vol.180 転職活動にオーラは必要?

自信の裏付けとしての実績・信念
決して上から目線で他人を評価するつもりはないということを、まずお断りした上で今回のお話を始めたいと思います。
 
超有名芸能人や一流スポーツ選手を近くで見たときは言うまでもなく、私たちの日常生活でも“あの人オーラが出てるよね”と何気なく使っているオーラという言葉。別にハッキリ目に見えるわけでもないですし、極めて抽象的・感覚的なものの割に妙に納得してしまう不思議な現象です。そして、強弱はともかく、このオーラが転職活動に少なからず影響を及ぼすと思っています。
 
オーラは、普段から自信に満ち溢れ、それを裏付けとして心に余裕があり、自然体でいられる方に感じることが多いような気がします。偉そうにしていないという要素もありますね。偉そうにしている方は虚栄が出ているため、余裕は感じられず表情も固いです。
 
そしてオーラのある方と実際に話を始めると、自信を裏付けるだけの実績や行動力、その源となるしっかりとした信念をお持ちであるということにも気が付きます。付け加えると、何故実績を出すことが出来たのかについて、論理的に分かりやすく説明することができ、また、性格的な強みと弱みもちゃんとわかっているのです。普段から自分自身の行動を顧みて、反省すべきは反省し、やり直すとしたらどこを改善するか等の振り返りをする習慣が身についているのかもしれません。
第一印象にも影響
では、オーラがないとダメなのでしょうか?
決してダメとは思いませんし、むしろオーラがある人はごく少数派だと思います。しかしながら、転職活動において上記のようなオーラがあった方が断然有利になります。第一印象でその人の8割が判断されるとよく言われますし、心理学では初頭効果というのがあるそうで、いずれにしても一度焼きついた印象はそう簡単には覆らないようです。
 
今までオーラが出ていると言われたことなんて一度もない方でも、自分には無縁と諦めることはしないでください。人は変化できるのです。最初はまったくオーラがなかった人でも、次にお会いしたときに、思わず“えっ、同一人物?と思ったことが何度かあります。
自信を付けて、いざ、転職活動へ
転職活動が上手くいかず、しばらく転職を中断していたAさんと再度お会いしたときに実際そう感じました。Aさんに話を聞くと、“転職活動が上手くいかなかったときは、正直自分に自信がない状態でした。そして、たまたま現職で新しいプロジェクトを任されることになり、気分転換という意味合いもあり、折角だから絶対に成果を出してやるという気持ちで、一旦転職のことは忘れてそのプロジェクトに集中したんです。その結果、プロジェクトが大成功に終わって、そうしたら周囲の人たちの自分への態度の変化までも感じるようになりました。”
 
Aさんは、プロジェクトが偶然上手くいったのではなく、その成功の背景をちゃんと論理的に説明してくれました。
その姿をみて、“Aさん、オーラが出てますよ!”と思わず言ったのを覚えてます。
 
Aさんのように、今から時間を掛けて実績をつくってからじゃないとダメかとがっかりすることもありません。既に、今までやってきた仕事をよく振り返ってみてください。その中に、注目すべき実績が隠れているかもしれません。もっとも、そういうことは自分一人ではなかなか気づきにくいため、私たちのようなキャリアコンサルタントに相談いただくのも有効です。
 
そして、どこかの時点で持ったことのある自信を取り戻していただき、自分自身をより良い状態に仕上げて転職活動を勝ち抜いていきましょう。
 
今回の教訓&アドバイス
この記事をシェアーする
title-career-up
ページの先頭へ戻る