キャリアアップコラム

転職ノウハウ をテーマにした、当社コンサルタントのコラム。

いますぐ転職 無料エントリー
いつかは転職 無料プレエントリー
半藤 剛

Vol.160 今こそ市場価値を高めるチャンス!?

あなたにとって「市場価値が高い」とはどんな状態のことですか?
現在の市場環境が影響していると思いますが、最近、面談にいらっしゃる候補者の中で「自分の市場価値を知りたい」「市場価値を上げたい」といったご相談をいただくことが多くなりました。お読みいただいている方の中でも、ご自身の「市場価値」に関心をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そもそも、市場価値というのはどのようなことなのでしょうか。
 
上記のようなご相談をいただいた際に、私から「○○さんにとって市場価値が高いというのは、どのようなことですか?」と質問をすると、様々な答えが返ってきます。
 
「転職先の候補が多くあること」
「より高い年収をもらえるようになること」
「管理職・上位職になれること」
などなど、人によって「市場価値」という言葉の定義は様々あります。
 
その中でも、「多くの企業・ポジションで必要とされるようになること」「自分の選択肢をたくさん持てるようになること」など、市場で自分を必要としてくれる企業・ポジションが多いことが、「市場価値が高い」と考えていらっしゃる方が多いようです。
 
市場価値を高めるためにしておくべきこと
これは、「市場価値が高い=汎用性の高い経験・スキルを持つ」ということでもありますが、言い換えると、「市場=企業の採用ニーズ」、すなわち市場の需給バランスに左右されるということでもあります。そのため、どのような職種であっても定期的に自分のキャリアを市場に出してチェックし、ビジネス・業界のトレンドをしっかり掴んで経験・スキルを積んでいくことは、市場価値を高めるために重要なポイントのひとつです。
 
一方で、上記の考え方だと、高い専門性を持っているものの、求人ニーズもたまにしか出ないような職種のスペシャリストは、市場の需給バランスから市場価値が高くないということになってしまいますが、果たしてそうでしょうか。
そんなことは、ありません。
 
市場環境に左右されず、市場の中に自分の領域をしっかりと作れることは、キャリアという視点から非常に大事なことです。組織や景気などに依存せず、自らの足で市場の中に立てるようになるということも、市場価値を高めるために重要なポイントです。
 
不況のときこそ本当の市場価値がわかる
メディア等の影響もあり、「市場価値」という言葉がひとり歩きしている感もありますが、本当の意味で「市場価値」が試されるのは現在のような好景気時ではなく、リーマンショック時を代表とする不況時です。好景気がずっと続くことはなく、いつか不況は必ず来ます。そのためにも、今のようなチャンスの多い時期に、どのようなキャリアを積んでいくのかが、「市場価値」を高めていくために非常に重要なのです。
 
言うまでもありませんが、最も重要なのは「何のために」市場価値を高めるのかです。皆さんがどのようなキャリアプランを描き、その実現のために何をすべきか。そのために、今の市場価値を確認し、高めるためにどのようなスキル・経験を身につけるのかを整理することは、今後のキャリアを創っていくためにも重要です。
 
市場価値をどのように確認し、さらに高めるためのアクションをどのように整理するのか。ご興味や関心がある方は、是非お気軽にご連絡ください。
 
今回の教訓&アドバイス
この記事をシェアーする

「キャリアアップコラム」最新号のメルマガを受け取る▶

title-career-up
ページの先頭へ戻る